lg g8x thinqレビュー
スポンサーリンク

変わったデジタルガジェットが大好物な僕ですが、今回衝動買いをしたのは2019年12月に発売になった「LG G8X ThinQ」です。
実は、デュアルディスプレイのスマートフォンは過去にも発売されていました。
僕が過去に買ったのはNECから発売になったメディアスでした。
(なかなかいい端末だったのですが、当時のスペックだとデュアルディスプレイを快適に動作させるのはなかなか大変だったようで、お世辞にも速い端末ではありませんでした。機会があれば紹介したいと思います)
今回はLG G8X ThinQがどんな風に便利か紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ながら作業がとてもいいデュアルディスプレイ

LG G8X ThinQは、まず第一に「ながら作業ができる」という点がおすすめポイントです。
僕はいつも作業しながら動画を再生したりすることが多いのですが、電車での移動中などはメイン端末のiPhoneだと、音楽は聴けても動画を見ながらラインでメッセージを返すなどはできませんでした。
LG G8X ThinQは左右どちらかの画面で動画アプリを立ち上げながら、もう片方の画面でラインやTwitter、WEBブラウジングをできるので、通勤時間がとても快適になりました。

スポンサーリンク

本体と専用ディスプレイケースの組み合わせでデュアルディスプレイ化

LG G8X ThinQは、スマートフォン本体とセカンドディスプレイが内蔵されている「専用ケース」がセットになった状態で販売されています。
本体の端末を専用ケースに取り付けることでデュアルディスプレイを実現する設計になっています。
ケースにはバッテリーなどは内蔵されていません。
スマートフォン本体からの電源供給で動作する仕様です。

lg g8x thinqset

スポンサーリンク

動画配信アプリを見ながらWEBブラウジング

動画配信アプリを立ち上げながらWEBを見れるのはとてもいいですね。
スマートフォンだとWEBを見ながら音楽を聴くことしかできなかったのが、映画を見ながら気になった俳優を検索したり、映画のメイキングエピソードを検索したりとすることができます。
バラエティー番組を見ながら番組で紹介された場所をすぐ調べたりと、パソコンと同じような使い方ができます。

lg g8x thinq1

ソシャゲー周回と動画アプリが最強の組み合わせ!

でですね、僕のイチオシの活用方法が、なんといってもソシャゲーと動画アプリの同時立ち上げです!
ソシャゲーユーザーの方はわかっていただけると思うのですが、イベントなどを攻略するとき、どうしても周回しないとだめですよね?
いくら好きなゲームでも、同じステージを永遠と眺め続けるのは本当に苦痛です><;
こんな時、動画アプリで映画やドラマを見ながらソシャゲー周回ができるのが本当にありがたい!!
しかも、オート周回機能があるソシャゲーなら、動画のほうに集中できるので電車の中が一気に幸せになりますw

lg g8x thinqソシャゲー

Google mapを見ながらSNSで連絡

僕が実用的で便利だなと思った組み合わせは、初めて行く場所や友人との待ち合わせの時に、Google mapで目的地のルートを確認しながら、友人にあと何分で到着するなど連絡を細かくとりたい場面で非常に便利だと思いました。
MAPとSNSを切り替えながら使うのは、急いでいる場面では非常にストレスとなるので、道案内と連絡を同時に行えるのは非常に便利だと思います。
また、周辺のおいしいお店などを紹介しているブログなどをみながら、すぐにマップで検索するなど、そういった場面でも活躍しそうです。
lg g8x thinqmap

端末の分厚さとバッテリーの持続時間は課題

いいことだらけのLG G8X ThinQですが、課題点をあげるとすると「端末の厚さ」と「バッテリー」でしょうか。
当たり前ですが、セカンドディスプレイの分だけ分厚くなっています。
専用ケースはかなりしっかりとしているため、厚さはそれなりになってしまいます。
また、デュアルディスプレイは結構バッテリーの消費が激しいですね。
ディスプレイだけでなく、2つのアプリを同時に動作させるなど、CPUパワーを使うような使い方をするとバッテリーの消費量も増えます。
メインとして使うためには、モバイルバッテリーを持ち歩くのをおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事