【MT5無料EA】MT5のEA(エキスパートアドバイザー)自作EA配布
スポンサーリンク
スポンサーリンク

MT5はじめました

どうも。
管理人のたまです。
突然ですが、MT5(メタトレーダー5)でシステムトレードをはじめました。
実は、このブログを始めたころからちょこちょこFXの勉強と実際の取引をしていたのですが(バイナリーオプションも含めて)仕事が忙しくてどうも思うように取引ができず、理想的な利益を上げられずにいた今日この頃。
やっぱり仕事しながらFXは大変だなーと思い、1年くらい前からMT4を使って(MT5の前のバージョン)システムトレードに挑戦しはじめていました。
1年もやっているとそこそこ利益も出て(元手が少ないので大した額ではありませんが)何よりも「パソコンに取引させる」というスタイル自体に面白みを感じるようになり、利益も大事だけどシステムトレードをもっと研究したいと思うようになりました。
そこで、せっかく勉強するなら最新バージョンのMT5を勉強しようと思い、学んだことを備忘録としてブログで紹介しようというわけです。

スポンサーリンク

MT5とは

自分も初心者のくせに生意気なのですが、この記事は入門書的な記事ではなく「備忘録」としての性質で書いていますので、細かいことは省きます。
(気が変わって後の記事で細かく紹介するかもしれません)
MT5とは、ざっくりいうと、無料で利用することができるFX用のテクニカルチャートソフトです。
その中の機能として「エキスパートアドバイザー(EA)」という自動取引ができるプログラムを動作させる機能が備わっています。
今回は、MT5のEAの自作スキルを身につけていこうと考えています。

スポンサーリンク

まず作ってみた(無料EA配布)

MT5にはウィザード形式で簡単なEAを作れる機能があるので、それを利用してシンプルなEAを作成し、学んでいこうと考えました。
とりあえず1日かけて試行錯誤して作ってみて、実際に取引に利用できるものが完成。
最適化とバックテストを行っていきます。
その結果がこちら。
MT5EA1

1か月半ほどの期間と短いので、あくまで実験の範囲ですが、バックテストはそんなに悪くない(というか、けっこう現実的な結果)になっていると思います。
プロフィットファクターも2.53と、めちゃくちゃ怪しい感じでもないです。
1万円を元本にどれくらい利益が出るかという縛りプレイ設定で検証したものの、9044円の利益となっていました。
これは実際にどうさせたら面白そうなので、実際に自動取引に設定して試してみたいと思います。

このEAとパラメータファイルは無料で配布しています。
あくまで「MT5の導入と動作検証用」として配布していますので、実際の取引に利用された場合の損失などは自己責任でお願いいたします。
また、本EAは以下のブローカーでパフォーマンスが出るように調整しています。

 

動作ブローカーはこちら
EAtest1 (29 ダウンロード) ←EAファイル

付録

EA設置の仕方

・ファイル→データフォルダを開く→MQL5→Expertsの順番にフォルダを開く
・Expertsのフォルダの中にEAtest1のファイルを貼り付ける

バックテストのやりかた
・表示→ストラテジーテスター
・設定タブを選択
・エキスパート「EAtest1.ex5」を選択
・銘柄GBPJPYを選択
・銘柄の右にある足を「M1」にする
・モデル「リアルティックに基づいたすべてのティック」を選択
・レバレッジを手動入力で「1:888」と入力
・入金 「最低10000を入力」して右側の証拠金を手動入力で「JPY」と入れる
・日付 期間指定を選択し、2020年4月1日以降を指定(終了日は任意に選択)

本番取引の設定(自己責任でお願いいたします。損失などについて当ブログは責任を負いません)
・ファイル→新規チャート→GBPJPYを選択
・ファイルの少し下にある「M1」を押して1分足を選択
・ナビゲータウィンドウのエキスパートアドバイザーの中に表示されている「EAtest1」を右クリックして「チャートに追加」を選択
・開いたポップアップウィンドウの「共有」タブ内の「自動トレーディングを許可する」にチェックを入れる
・インプットタブ内の「読み込み」を押して、ダウンロードした「EAtest1GBPJPY1min0519」を選択する
・OKを押す
・画面上の方の「自動売買」ボタンを押して、ボタンに緑のマークがつくことを確認
・チャート右上にも緑のマークがついたことを確認

スポンサーリンク
おすすめの記事